印鑑登録の手続き

ビジネスやプライベートに於けるさまざまなシーンで、印鑑登録の手続きをする必要性が生じるケースもあるでしょう。印鑑登録を行なえば、個人、もしくは法人の証明をすることが可能となります。 こちらの手続きが滞り無くなされると、印鑑登録証明書、あるいは省略して、印鑑証明と呼ばれるものが発行されます。その証書には、印鑑登録の手続きをしたことを証明する印鑑登録証、印影、登録者の個人情報が記載されています。 その内、印鑑登録証の多くは、カードタイプになりますが、一部の市町村では、手帳の形をしたものも見受けられます。また、登録者のプライバシーデーターとして、住所や氏名、生年月日、性別が挙げられます。ただし、性別に関しては、性同一性障害のある人に対する配慮から、記載しない自治体が増えて来ています。

それらの印鑑登録の内、個人で手続きをする場合、市町村の自治事務という取扱いになります。したがって、それぞれの自治体が定めている条例によって、手続きの方法や登録する際の条件などに、違いがあることを覚えておきましょう。 一般的には、1974年に自治省から出された、個人の印鑑登録の事務取扱いに関する通知に従って、手続きをすることとなりますが、先述の様に市町村ごとの差異があるため、条例、受付窓口での確認を必要とします。

このカテゴリーでは、印鑑登録の手続きをする流れについて、詳しく説明しますので、関心やニーズのある人はチェックしてみて下さい。

※管理人厳選リンク
印鑑は「はんこ」とも言いますが、こちらははんこの専門通販サイトです・・・はんこ

Copyright © 2014 印鑑登録をする流れ All Rights Reserved.